読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年後の学生に薦める映画 2112本

未来の皆さんに価値ある2112本の紹介を目指します。100年後に現在の映画ビジネスは無くなっているという前提。

『フリークス(怪物團)』 100年後の学生に薦める映画 No.1431

100年後の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

MOVIE No.1431 『フリークス(怪物團)』

1932 アメリカ

フリークス [DVD]

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

本作をどのような文脈で紹介するのが一番なのか筆者は判りません。特徴的なのは、身体障害者を扱っている映画であること。しかも、映画の内外に関わらず、彼らの扱いは見世物の一種と言えます。『魔人ドラキュラ』のトッド・ブラウニング監督が作り上げた作品という文脈からも、それが否定できないことを示していると思います。しかし、紹介する価値はあると思う。100年後の皆さんの文脈で、本作を評価してほしい。
物語の最後は、とんでもなく衝撃的なシーンで、筆者はそのシーンを巻き戻して見ざるを得ませんでした。
また、トッド・ブラウニング監督の寂しい晩年を知った上で本作を見ると、何とも考えされられます。
100年後の皆さんも興味あれば鑑賞されたし。

[DIARY 筆者の思い出]
パブリックドメインにて動画共有サイトにて鑑賞。

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★

FOR A.D.2,112 : ★★★

---------------------------------------------------
written by kiyasu   2012/9/9 第一稿
---------------------------------------------------
フリークス [DVD]

フリークス [DVD]

その他紹介一覧はこちら