読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年後の学生に薦める映画 2112本

未来の皆さんに価値ある2112本の紹介を目指します。100年後に現在の映画ビジネスは無くなっているという前提。

100年後の映画少年に薦める『ピープルvs ジョージ・ルーカス』

2,112年の映画少年に、2,112本の映画を紹介します。

No.1138 『ピープルvsジョージ・ルーカス(2010年・アメリカ)』

The People vs. Geroge Lucas

 

[FOR A.D.2,112]

100年後の皆さんに質問があります。1つの映画シリーズのグッズにウン百万も使ってしまうことはあるでしょうか。公開前から劇場前で何日も待つことはあるでしょうか。映画のバージョンの違いに、愛憎にも似た激論を繰り広げることはあるでしょうか。そんな事象が世界中で起こるでしょうか。まるで、映画でできた宗教のようなもの。率直な感想を言えば、趣味が細分化されていると思われる22世紀に、そんな聖書のような作品は無いのではないかと思っています。

この2,112本の映画紹介で、評価が低いものを含めて『スターウォーズ』シリーズを多く紹介しているのは、そんな社会現象を起こしている作品である為です。しかし、私が知るの時代のファンの熱狂や葛藤は文字だけでは伝わりにくいでしょう。

例えば、100年後の人が、ブラスターピストルによる決闘について「ハンが先に撃ったんだ」と激論することはないでしょうから。さらにいえば、製作者ジョージ・ルーカス監督が封印しつつあるオリジナルバージョンを最初に観る人は少ないでしょうし、むしろ模型よりCGを使ったバージョンの方がよいと言う人の割合の方が多いかもしれません。

そんな判りにくいであろう私の時代のコアなファンの反応が視覚的に判るのが『ピープルvsジョージルーカス』です。

100年後の皆さんも、興味あれば鑑賞されたし。

 

[OTHER]

『ピープルvsジョージルーカス』撮影記

http://2112.hatenablog.com/entry/2012/02/21/092325

『スターツアーズ2』全54ルートまとめ

http://2112.hatenablog.com/entry/startours_theadventurescontinue