読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年後の学生に薦める映画 2112本

未来の皆さんに価値ある2112本の紹介を目指します。100年後に現在の映画ビジネスは無くなっているという前提。

『最後の人』100年後の学生に薦める映画 No.0108

2,112年の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

MOVIE No.0108 『最後の人』 

1924 ドイツ

最後の人 [DVD]

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

簡単に言うと、初老のホテルマンが仕事に対する戦力外通告を受け、家族に顔向けできなくなっていき、自らの居場所を失っていく物語である。近所の人に噂されるところなど、筆者の時代と同じであり、痛烈である。こういう視線を描いた作品こそ、映像作品に向いていると言えましょう。尚、筆者は初めての鑑賞時に、物語の終わりの展開が、物語の自然の成り行きとは大きく外れたもので、驚き、ある意味感心した記憶があるが、こちらはアメリカ輸出版であったとのこと。

他のF.W.ムルナウ監督に漏れず、映像表現及び動きが素晴らしい。ホテルの回転扉のギュルギュルと廻る様が、当時のテンポアップな映像とマッチしていて印象的。カメラワークも決して単調には撮っていない。夢のシーンも必見。

100年後の皆さんも、興味あれば鑑賞されたし。

☆ 

[DIARY 筆者の思い出]
ドイツ映画祭にて鑑賞。このときの伴奏が頭から離れず、後にDVDで別の音楽で聞いたときは単調に観えてしまった。

 ☆ 

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★★

FOR A.D.2,112 : ★★★★

最後の人 [DVD]

最後の人 [DVD]

---------------------------------------------------

written by kiyasu   2012/7/16 第一稿

---------------------------------------------------