読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年後の学生に薦める映画 2112本

未来の皆さんに価値ある2112本の紹介を目指します。100年後に現在の映画ビジネスは無くなっているという前提。

『影の車』 100年後の学生に薦める映画 No.2021

【2,112 MOVIES】 1970年代 日本

100年後の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

f:id:kiyasu:20120714222038p:plain

MOVIE No.2021『影の車』

1970 日本

<あの頃映画> 影の車 [DVD]

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

筆者が鉄板だと思っている、松本清張原作、野村芳太郎監督の組み合わせ。本作の場合は『影の車』である。ネタバレ的な冬至のポスターにある「六歳の子供に殺意がある!?」は、筆者が本作を鑑賞する躊躇の心を生んだ。しかし、観る価値はあったと思う。日本映画の子役を観ていると、どうもわざとらしく見えてしまうことがあるが、本作は全く違和感無し。物が豊になってきた時代だからこその映画かもしれない。100年後の皆さんも興味あれば鑑賞されたし。

[DIARY 筆者の思い出]
DVDで鑑賞。

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★★

FOR A.D.2,112 : ★★★

 

<あの頃映画> 影の車 [DVD]

<あの頃映画> 影の車 [DVD]

 

 

---------------------------------------------------
written by kiyasu   2015/1/ 12 第一稿
---------------------------------------------------