読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年後の学生に薦める映画 2112本

未来の皆さんに価値ある2112本の紹介を目指します。100年後に現在の映画ビジネスは無くなっているという前提。

『ル・ミリオン』 100年後の学生に薦める映画 No.2082

100年後の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

f:id:kiyasu:20120714222038p:plain

MOVIE No.2082『ル・ミリオン』

1931 フランス

ル・ミリオン [VHS]

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

筆者の大好きなルネ・クレール監督作品のひとつ。『巴里の屋根の下』→『ル・ミリオン』→『自由を我等に』→『巴里祭』という、ルネ・クレール氏が伝説的な映画が連続して作っていた時期のもの。歌を交えた作品で、『巴里の屋根の下』で自信を深めたトーキー時代の先駆者の一人としての勢いも感じる。冒頭の巴里の煙突の町並みを眺めるだけで、ルネ・クレール節に酔える。筆者の脳内の「巴里」と言えば、この景色だ。
作品の物語は、ざっくり言うと宝くじ騒動。皮肉もありながらも、ほほえましく、軽快。人生を楽しんでいる作風。深みが無い作風と当時から言われていたみたいだが、構わないではないか。筆者は、この頃のルネ・クレール監督を支持する。とはいえ、ルネ・クレール監督作品を初めて鑑賞する人は、まずは『巴里の屋根の下』の方がオススメではある。製作順に鑑賞するのも良いかもね。100年後の皆さんも興味あれば鑑賞されたし。

[DIARY 筆者の思い出]
DVDで鑑賞。

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★★

FOR A.D.2,112 : ★★★

 

ル・ミリオン [DVD]

ル・ミリオン [DVD]

 
ル・ミリオン [VHS]

ル・ミリオン [VHS]

 

 

---------------------------------------------------
written by kiyasu   2015/2/26 第一稿
---------------------------------------------------