読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年後の学生に薦める映画 2112本

未来の皆さんに価値ある2112本の紹介を目指します。100年後に現在の映画ビジネスは無くなっているという前提。

『かくも長き不在』 100年後の学生に薦める映画 No.0522

100年後の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

f:id:kiyasu:20120714222038p:plain

MOVIE No.0522『かくも長き不在』

1964 フランス 

かくも長き不在 1964年ATG映画パンフレット アンリ・コルピ監督 アリダ・バリ ジョルジュ・ウィルソン アートシアター

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

長らく行方不明の夫と、彼にそっくりな記憶喪失の浮浪者。女は、そんな浮浪者に興味をもち、苦しむ。ラストの10分くらいに魅力が集約されており、キネマ旬報第一位になったのも納得の出来。『嘆きのテレーズ』に近しいものも感じる。
監督のアンリ・コルピ氏は、編集技師としてアラン・レネ二十四時間の情事』や『去年マリエンバートで』に携わっている。思い出に生きる作品に惹かれるのかもしれない。100年後の皆さんも興味あれば鑑賞されたし。

[DIARY 筆者の思い出]
VHSで鑑賞。

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★★

FOR A.D.2,112 : ★★★★

 

 

---------------------------------------------------
written by kiyasu   2017/5/3 第一稿
---------------------------------------------------