読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年後の学生に薦める映画 2112本

未来の皆さんに価値ある2112本の紹介を目指します。100年後に現在の映画ビジネスは無くなっているという前提。

『裸の島』 100年後の学生に薦める映画 No.1044

100年後の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

f:id:kiyasu:20120714222038p:plain

MOVIE No.1044『裸の島』

1960 日本 

CRITERION COLLECTION: NAKED ISLAND

 

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

多くの人間にとって、働くということは、生きることと直結する(100年後の世界は、そうとは限らないかもしれないが)。それを、圧倒的に表現した作品がある。日本インディペンデント映画界であり、新藤兼人監督作品の『裸の島』だ。
 
舞台は、瀬戸内海の孤島。電気も水道もガスもない中で暮らす家族は、毎日、水運びなどの重労働をする。どんなに、辛いことがあっても繰り返される過酷な労働。そこに「人間とは何か」がにじみ出る作品。別途紹介している『アラン』も、人間と孤島との関わりを描いているが、本作は、苦しみを強調しているという点で、強烈である。この小さな作品が、モスクワ映画祭グランプリを獲った理由は、重い労働に価値を見出す映画を沢山作ってきた国の土壌に、モスクワ映画祭関係者が育っていた為かもしれない。
 
本作はまだまだ静かに輝く。本作のロケ地の島を保存するニュースがあった。100年後も変わらない島であってほしい。
100年後の皆さんも興味あれば鑑賞されたし。

[DIARY 筆者の思い出]
DVDで鑑賞。

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★★

FOR A.D.2,112 : ★★★★ 

CRITERION COLLECTION: NAKED ISLAND

CRITERION COLLECTION: NAKED ISLAND

 

---------------------------------------------------

written by kiyasu   2017/4/14 第一稿
---------------------------------------------------