100年後の学生に薦める映画 2112本

未来の皆さんに価値ある2112本の紹介を目指します。100年後に現在の映画ビジネスは無くなっているという前提。

『関の弥太っぺ』100年後の学生に紹介する映画 No.0001 改訂版ver1.2

2,112年の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

MOVIE No.0001『関の弥太っぺ』ver1.1

1959 日本

関の彌太ッぺ [DVD]

 

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

100年後の未来の学生に映画をお薦めするときに、心揺さぶられる時代劇を入れておきたい。『関の弥太っぺ』は美しい一作だ。1959年版と1961年版のどちらも完成度が高いが、ここでは前者を紹介する。


前者は、筆者の時代で国民的な人気を誇るアニメ映画『ルパン3世 カリオストロの城』と類似点が多い。どちらの作品も、年の離れた少女を救う、中年のヤクザ者の物語で、終わり方も似ている。『関の弥太っぺ』は知名度が低いのが難点であるが、『ルパン3世 カリオストロの城』が現在もテレビで何度も放送されている現象を踏まえれば、『関の弥太っぺ』はまだまだ需要があると共に、未来の学生の皆さんにも訴えかけ秘めたる価値があると考えている。

戦前から引き継がれた日本人好みの心理描写、演出が詰まっている作品。例えるなら、日本の土のような作品である。どう考えてもクールじゃないこの作品が「好き」と言い切れる思考を持った未来の学生が、一人でも多く生まれたら嬉しい。
100年後の皆さんも、興味あれば鑑賞されたし。

※ただし、注意事項。2,112本の中で、本作を一番最初に観ていただく必要はありません。むしろ、別途紹介している他の映画から観てください。興味ある作品からで良いのです。特に、『関の弥太っぺ』は筆者による1本目のご紹介でありながら、玄人向けの作品です。良い作品・悪い作品を一定以上鑑賞した後の方が、本作の良さが判ると言えましょう。

100年後の皆さんも、興味あれば鑑賞されたし。

☆ 

[DIARY 筆者の思い出]
筆者が本作を初めて鑑賞したのは、大学の片隅のライブラリー。鑑賞後、周りに迷惑をかけない程度に拍手した。DVDはなく、ビデオを新宿の古市にて手に入れた。twitterという筆者の生きる時代に大流行した(している)コミュニケーションサービスで、関の弥太っぺ購入の旨を呟いたところ、映画に詳しい某教授が反応。「ほう?好きな映画はなに?」と聞かれたので、非難されること覚悟で「スターウォーズです」と返答。その返事はなかった。

 ☆ 

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★★★

FOR A.D.2,112 : ★★★★★

 

関の彌太ッぺ [DVD]

関の彌太ッぺ [DVD]

----------------------------------------------------------------------------------

written by kiyasu   2012/6/27 改訂

----------------------------------------------------------------------------------