100年後の学生に薦める映画 2112本

未来の皆さんに価値ある2112本の紹介を目指します。100年後に現在の映画ビジネスは無くなっているという前提。

『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』 100年後の学生に薦める映画 No.1232

100年後の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

f:id:kiyasu:20120714222038p:plain

MOVIE No.1232『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』

2015 アメリカ 

 

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

2112本も映画を紹介してきたが、なかなか見えてこないのが「裏方」の存在である。どちらかというと筆者の文章は監督よりの文章になっているから、尚更だ。今回紹介する『ハロルドとリリアン ハリウッド・ラブストーリー』は、映画ストーリーボード作成を手がけた夫と、映画の資料調査のスペシャリストの妻の二人の人生の物語。筆者が紹介してきた映画をある程度観た後だと、「この作品も彼らが手がけていたのか!」と楽しくなる。決して、彼らが必ずしも映画のクレジットに出てくるわけではない。だが、それでも、我々ファンが頭に焼きついた場面の元を作っていらっしゃるのだ。100年後の皆さんも興味あれば鑑賞されたし。

[DIARY 筆者の思い出]
劇場で鑑賞。

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★★

FOR A.D.2,112 : ★★★★ 

---------------------------------------------------
written by kiyasu   2017/6/17 第一稿
---------------------------------------------------
 

『最も危険な遊戯』 100年後の学生に薦める映画 No.1617

100年後の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

f:id:kiyasu:20120714222038p:plain

MOVIE No.1617『最も危険な遊戯』

1978 日本 

最も危険な遊戯 [DVD]

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

松田優作さんが演じる殺し屋を主人公とする、ハードボイルドアクションシリーズ。その第一作であるとともに、結果、本作こそシリーズ最高という人もいる。確かに、荒削りだが、どこか鋭さがある。松田優作さんは、日本を代表する「かっこいい役者」であった。死後、筆者はテレビで彼の功績をまとめた特集を見たことが、後々良かったと思う。役者を理解しながら映画を見ると良いパターンの好例である。100年後の皆さんも興味あれば鑑賞されたし。

[DIARY 筆者の思い出]
DVDで鑑賞。

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★★

FOR A.D.2,112 : ★★★

 

最も危険な遊戯 [DVD]

最も危険な遊戯 [DVD]

 

 

---------------------------------------------------
written by kiyasu   2017/5/3 第一稿
---------------------------------------------------
 

『1000年刻みの日時計 牧野村物語』 100年後の学生に薦める映画 No.1437

100年後の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

f:id:kiyasu:20120714222038p:plain

MOVIE No.1437『1000年刻みの日時計 牧野村物語』

1987 日本 

1000年刻みの日時計 牧野村物語+京都鬼市場・千年シアター(2in1) [DVD]

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

本作を日本映画の大傑作と言う人もいる。222分という長い長いドキュメンタリー。
この文章を書いている時、筆者は浅草の『女軍出征』という作品を再演するという企画の舞台を見ていた。この舞台自体は100年前のもので、この舞台を見たことがある人はおそらく生きていないであろう(何度か再演されているので、ギリギリまだ生きていても良いはずであるが)。映像で残っていない以上、観客も作り手も正解を確かめる方法がない。残された断片の記録を眺めつつ、ただただ、変わりゆく文化。残り行く文化。そして死を感じた。
映画の話に戻そう。『1000年刻みの日時計 牧野村物語』は、長い取材期間の中で、村の農耕などの歴史が丹念に描かれている。特徴的なのは、そのカメラにおさめた時間に飽き足らず、伝聞でしかない過去の様子まで、再現映像で再現していることだ。タイトルを1000年刻みとしているように、長い長い視点を持った映画である。私たちには、過去の真実を想像するしかない。だが、1000年前まで、この映画はつながっている。 移り変わり行く人間と大地の物語の一部として。100年後の皆さんも興味あれば鑑賞されたし。

[DIARY 筆者の思い出]
DVDで鑑賞。

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★★

FOR A.D.2,112 : ★★★★

 

1000年刻みの日時計 牧野村物語+京都鬼市場・千年シアター(2in1) [DVD]
 

---------------------------------------------------

written by kiyasu   2017/5/21 第一稿
---------------------------------------------------
 

『冬の華』 100年後の学生に薦める映画 No.1457

100年後の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

f:id:kiyasu:20120714222038p:plain

MOVIE No.1457『冬の華』

1978 日本 

冬の華 [DVD]

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

「複雑な過去を背負う寡黙なヤクザ男を演じると最高な俳優」と書けば、それは高倉健さんである。この文章を書いている時点では、もう亡くなってしまったが、筆者の時代では「健さん」と言われている。さて、この健さんが、ヤクザ版の「あしながおじさん」を演じているのが今回紹介する『冬の華』である。服役中の男が、正体を明かさずに、少女を陰ながら支援するのである。シンプルに美しい脚本。少女は、筆者が大好きな『太陽を盗んだ男』でヒロインを演じている池上季実子さんである。100年後の皆さんも興味あれば鑑賞されたし。

[DIARY 筆者の思い出]
DVDで鑑賞。

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★★

FOR A.D.2,112 : ★★★★

 

冬の華 [DVD]

冬の華 [DVD]

 

 ---------------------------------------------------

written by kiyasu   2017/5/21 第一稿
---------------------------------------------------
 

『処女ゲバゲバ』 100年後の学生に薦める映画 No.1421

100年後の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

f:id:kiyasu:20120714222038p:plain

MOVIE No.1421『処女ゲバゲバ』

1969 日本 

処女ゲバゲバ [DVD]

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

性と暴力と不良っぽさの作品の歴史の系譜は、未来の皆さんもまとめてみると面白いと思うが、本作はその中でも突然変異の奇妙な美しさがある。若松孝二監督作品。大島渚監督がつけたと言われる『処女ゲバゲバ』というタイトル。これが、あまりにもインパクトがあるタイトル勝ちの怪作。制作者も開き直るほどの、意味の不明さ。だが、文句をいう人はほとんどいないほどの魅力さを解き放っている。100年後の皆さんも興味あれば鑑賞されたし。

[DIARY 筆者の思い出]
DVDで鑑賞。

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★★

FOR A.D.2,112 : ★★★

 

処女ゲバゲバ [DVD]

処女ゲバゲバ [DVD]

 

 

---------------------------------------------------
written by kiyasu   2017/5/3 第一稿
---------------------------------------------------
 

5年越しの完成へ『100年後の学生に薦める映画2112本』

f:id:kiyasu:20120714222038p:plain

5年間 冗談のように書き続けていた『100年後の学生に薦める映画2112本』がもう直ぐ完結です。 この企画を知らない人の為に書くと、私自身が鑑賞してきた作品群の中から、未来に残したい映画を2112本選び、作品ごとにささやかな紹介文を添えるというもの。『アメリカ国立フィルム登録簿』を、私なりの基準で米国だけでなく世界中の映画を対象にした感じ。映画の私なりのタイムカプセルであり、方舟です(なので、俗に言うランキングものとは目的が異なります)。そんなわけで、映画最初期の実験映像から、歴史に残る名作、近年のサメ映画まで(笑)、古今東西、真面目に書いてきました。時代を反映していると思う作品はゲテモノでも入れているので、だいぶ泥臭い選出になっています。結果、現時点の自分が考えるメディア史が可視化されていて、私自身も興味深い。 本当はまだまだ観ていない名作があるので、もう少し微調整を続けていく予定だったのですが、私の映画との関わり方が5年間で変わってきたので、そろそろ一区切りすることにします。読んでくださった方、有難うございました。 現在2092本。目標まで残り20本。うち、残り10本ほどはフィナーレに相応しい作品を残しています。興味ある人はご覧ください。

 

追記1: 完成したら一旦消すかもしれません。5年でだいぶブログの立ち位置が変わっちゃたんですよね。良い残し方を考えます&アイデア求む

追記2:この文章を書いたあと、5本 減らしたので、上記言及とやや数が異なります

 

『Her/世界でひとつの彼女』 100年後の学生に薦める映画 No.1494

100年後の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

f:id:kiyasu:20120714222038p:plain

MOVIE No.1494『Her/世界でひとつの彼女

2013 アメリカ 

her/世界でひとつの彼女 [Blu-ray]

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

未来の学生に実際の世界と比べてほしいので、筆者の評価より少し上乗せしたオススメ度とする。貴方が住む現実世界を混ぜて検証して、ささやかな論文か記事が一つくらい作れるかもしれぬ。筆者の時代は、人工知能が人間の仕事を奪うというテーマが、よく語られるようになった(厳密な話をすると人工知能の話題はたまに起きているが、今回の山は大きく、また持続しそうな印象を受ける)。本作は、生身の女性と別れた男が、人工知能と恋愛をする物語である。そう、仕事ではなく恋愛の対象として人工知能がとって変わるのだ。人工知能が話題になるより少しだけ前にこういう作品ができたのは、製作者の先見性がある。特筆すべきは、このような作品は、色物の展開になりがちだったり、コメディ作品になりがちだったりするのだが、そうではないことだ。純愛物語として完成している。また、程よい未来背景の作り方も丁寧で、共感する。100年後の皆さんも興味あれば鑑賞されたし。

[DIARY 筆者の思い出]
Blu-rayで鑑賞。

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★★

FOR A.D.2,112 : ★★★

 

---------------------------------------------------

written by kiyasu   2017/5/6 第一稿
---------------------------------------------------