読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年後の学生に薦める映画 2112本

未来の皆さんに価値ある2112本の紹介を目指します。100年後に現在の映画ビジネスは無くなっているという前提。

『愚かなる妻』 100年後の学生に薦める映画 No.0440

100年後の学生に映画を2,112本紹介致します、という設定のブログ

MOVIE No.0440 『愚かなる妻』 

1922 アメリカ

愚かなる妻  クリティカル・エディション [DVD]

[FOR A.D.2112 未来の学生に向けたレビュー]

観る人からすれば今でも名作の映画。また、ある人にとっては、面白いのか否か評価が下せない映画。6時間近い映画が短縮された者しか観れないのだから、仕方が無い。オリジナルの方が面白いという保証など全くありませんが、オリジナルを想像するのは夢があるというもの。

さて、そもそも何故にオリジナルはこんなにも長い作品なのか。筆者の時代の感覚からすると、映画としては疲れてしまう長さ。しかし、当時はテレビという媒体は無かった。テレビの連続ドラマを足したような物語展開を、映画に置き換えたのが、もしかしたら『愚かなる妻』が目指したものなのではないか、と筆者は考えています。

監督は、エリッヒ・フォン・シュトロンハイム。調べれば調べるほど、一筋縄ではいかない人物。「フォン」の称号のエピソードでも何でも面白い。彼がユニバーサルを傾かせるほどに『愚かなる妻』にお金とフィルムの尺をかけ、ユニバーサルに追い出されつつもヒットさせました。

尚、本作で一番筆者が好きなのは、雷のシーン。筆者が生きる時代でもこんな雷の表現がみてみたい。

100年後の皆さんも興味あれば鑑賞されたし。

[DIARY 筆者の思い出]
大学のライブラリーで鑑賞。

[RECOMMEND 現在と未来へのオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★

FOR A.D.2,112 : ★★★

---------------------------------------------------

written by kiyasu   2012/8/17 第一稿

---------------------------------------------------

その他紹介一覧はこちら