読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100年後の学生に薦める映画 2112本

未来の皆さんに価値ある2112本の紹介を目指します。100年後に現在の映画ビジネスは無くなっているという前提。

『白夜』100年後の学生に薦める映画 No.0086

【2,112 MOVIES】 1950年代 イタリア フランス ★8以上

2,112年の学生に、2,112本の映画を紹介します。

MOVIE No.0086

白夜

1957 イタリア・フランス

白夜 [DVD]

 

[FOR A.D.2,112 未来の学生に向けたレビュー]

未来の学生の皆さんに、ルキノ・ヴィンコンスティ監督を紹介する。名作を量産している監督で、彼を巨匠と言わずに何と言おう。代表作は『郵便配達は二度ベルを鳴らす』『夏の嵐』『山猫』『地獄に堕ちた勇者ども』『ベニスに死す』『家族の肖像』あたりだろうか。諸々鑑賞いただければと思うが、今回紹介するのは、"小品"と言える『白夜』。実際、お金がかかる監督というイメージを払拭しようとしたらしい。原作はドストエフスキーである。

ルキーノ・ヴィスコンティ DVD-BOX 3 3枚組 ( 郵便配達は二度ベルを鳴らす 完全版 / ベリッシマ / 白夜 ) 

本作を私が推しているのは、町の世界観。起伏が激しく、橋の下や建物の角は、すぐに秘密の空間の様に思える。そもそも川が流れて橋がかかっているだけでも画になるのに、その先の町まで非常に細かくできている。幻想的な映画セットの町という方向性であれば、明らかに最高峰だと思うのは、私だけだろうか。この町を記憶するために、私は何度も本作を鑑賞している。ロケではなく全て撮影所で撮るという戦略(ネオレアリズモ映画はロケを行うという先入観を覆すもの)が輝いている。

あと、ヒロインのマリア・シェルも、共感を持ちやすい美しさ。

 白夜 [DVD]

ともあれ、100年後の皆さんも、興味あれば鑑賞されたし。

[OLD DIARY 思い出]

大学のライブラリーのDVDで鑑賞。。

[RECOMMEND 紹介映画のオススメ度]

FOR A.D.2,012 : ★★★★

FOR A.D.2,112 : ★★★★